Version Française

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 | TOP

Kouign Amann(クイニー・アマン)の誕生は???

数年前に大流行した、クイニー・アマンは、フランス北西のブルターニュ地方のお菓子です
海のそばのこの地方では、美味しい有塩バターが有名
フランスの美味しい醗酵バターとブルターニュの美味しい塩が融合して出来上がったのが、クイニー・アマンなのです


さてこのクイニー・アマンですが、「Kouign Amann」と書きます

ブルターニュ地方には昔独立国だった名残から、フランス語ではないブルトン語というものが存在していて、
ブルトン語で「クイニー」はお菓子、「アマン」はバターのことなんです
つまり直訳すると、ブルターニュ名物の有塩バターを使ったお菓子の事。

今に伝わるブルターニュのお菓子の中でも1番古いものだといわれています

このクイニー・アマン、プロポーズする時に、男性が女性の家に贈ったともいわれています
19世紀に、このブルターニュ地方の最西端のドゥアルヌネという土地が発祥地。

当初はシンプルなパン生地だったらしいのですが、時代を経るにしたがって、バターの香りいっぱいのお菓子になったといいます

このお菓子の誕生も、ある失敗がきっかけだと言われています



ある日パン屋のマダムが、パン種の上にバターの塊をおきっぱなしにしてしまったそう

そのままマダムはバターの事を忘れて・・・バターは溶けて、パン生地にバターがしみこんでしまいました

そのままでは売り物にならないけど、もったいないのでそのバターのしみ込んだ生地を焼いてみたら・・・・

なんと!とーってもおいしかったそうです


キャラメリゼされたツヤツヤ・・・キラキラ・・・のクイニー・アマン

もちろん私の大好物です

こんな美味しいお菓子を誕生させてくれた、パン屋さんのマダムの失敗に感謝ですね

私のブルターニュの旅では、最西端の発祥地までは、まだ足を運べていませんが、旅中に食べた無数のクイニー・アマンの中では、
レンヌの小さな教会近くのブーランジェリー・パティスリーのものが一番美味しかったです

P1040377.jpg
スポンサーサイト
2008/10/19 07:49 ブルターニュ・ノルマンディのお菓子な旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP

クッサン・ド・リヨン

リヨンで一番有名な地方のお菓子、クッサン・ド・リヨン


リヨンの地方のお菓子として有名なのが、

クッサン・ド・リヨン
このお菓子で一番有名なお店「Voisin」へ行ってきました

P1080244.jpg

このお菓子はプラリネのショコラをパートダマンドで包んであるお菓子で、このお店にはいろんな色のクッサンがありました。
P1080248.jpg ギフト用のパッケージももちろんクッションの形→P1080060.jpg

このお菓子の由来は・・・

絹織物で有名なリヨンですが、その昔、病気が流行した時、
病の流行をくい止める為、絹で作ったクッションに金貨を置いて大聖堂に供えたそうです。

その後、大聖堂のあるフェルベールの丘より上に病は上がってこなかったそうです。
その絹のクッションを象ったお菓子が、このクッサン・ド・リヨンなんです

2008/10/19 07:49 リヨン ローヌ・アルプのお菓子な旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP

La nessance de COUSSIN DE LYON

リヨンの地方菓子、クッサン・ド・リヨンの誕生話のフランス語版です!!



LE COUSSIN DE LYON

En l’an 1643, une terrible épidémie ravageait la cité et pour la combattre, les échevins lyonnais firent le vœu de se rendre en procession sur la colline de Fourvière où l’on allait déjà prier la Vierge, et de remettre un cierge de sept livres de cire et un écu d’or sur son coussin de soie.
Chaque année depuis lors, le 8 septembre, les magistrats de Lyon renouvellent le vœu des
échevins tandis que retentissent les trois coups de canon annonçant à la ville que le vœu a été
respecté. C’est ce coussin de soierie qui a inspiré la création du Coussin de Lyon dont la réputation gourmande dépasse largement les murs de la cité.
2008/10/19 06:55 リヨン ローヌ・アルプのお菓子な旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP

ガトー・サヴォワの起源は・・・。

スイスのお隣、アルプス山脈のサヴォワ地方には、ガトー・サヴォワという地方のお菓子があります。

サヴォワ地方の中心地、アヌシーに行った時に食べたガトー・サヴォワはふわっふわで軽くて美味し~

卵黄と卵白を別立てにして、小麦粉・コーンスターチを混ぜて焼き上げたお菓子なんだけど、このお菓子の起源は・・・




誕生は1416年サヴォワ地方のシャンベリー。

アメデ8世がジャン・ド・ベルビルという人に頼んで、自分のお城をかたどったお菓子を作らせて、
上に王冠をのせてドイツ皇帝に贈ったものだと言われています

そのまま食べても美味しいし、様々なケーキの台にも用いられます


私が食べたのは、サヴォワ地方の中心の街・ANNCY(アヌシー)。

ガトー・サヴォワは、ふわっふわで、シフォンケーキの生地みたい
ちょっとだけ弾力もあって、シンプルなんだけど、ほんと美味しかったです

この街もすごく素敵で大好きです

P1080486.jpg

2008/10/19 05:08 ほか・・・ | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。