Version Française

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 | TOP

MACARONS SAINT-JEAN-DE-LUZ(マカロン・サン・ジャン・ド・リュズ)

バスク地方にも地方のマカロン発見しました
マカロン・サン・ジャン・ド・リュズです



MACARONS ST-JEAN-DE-LUZ(マカロン・サン・ジャン・ド・リュズ)の発祥は・・・

それは1660年5月8日の事。

ルイ14世とスペイン王女マリー・テレーズの結婚式がこのサン・ジャン・ド・リュズの街でおこなわれました

フランスとスペインを上げてのお祝いなので、街中の家々がお花柄の織物で飾られ、
細い路地までバスクの国旗をかざったりと、歓喜に踊るようでした
街の商人たちは競って王様に結婚の贈り物をしたそうです

王家の館のある同じ広場に店を構えていた菓子屋「アダム」は、店自慢のマカロンを贈り物にしました
ふっくらと黄金色のマカロンは銀製トレーにのせて、
お店で一番美しく気立てのよい従業員ガシュシャが王妃の前に差し出しました

王妃は口いっぱいに広がるアーモンドの香ばしさに感激して、
ご褒美にクリスタルと金で装飾されたロザリオをくださりました
ガシュシャは一生このロザリオを大事にしたそうです。

ガシュシャはその10年後、アダムの甥と結婚してこのお店を守り立てました
ガシュシャの子供の代も孫の代も、末永くこの店の伝統のマカロンを守り続けています・・・。

今もなお、ADAMではルイ14世に贈ったマカロンと変わらぬ味のマカロンが味わえます

ADAMのお店にはマカロンが銀製のトレーに山積みになってディスプレイされています。
ガシュシャが王家に持って行ったのもこのような感じだったのでしょうか?

                   P1070383.jpg


このADAMというお店は、ビアリッツにもあって、ビアリッツのお店はキラキラとっても豪華な雰囲気でしたよ。

もちろん、ガトーバスクも売ってます
そして、ここのガトーバスクが一番キレイで美味しかった

P1070569.jpg P1070570.jpg P1070574.jpg



ST-JEAN-DE-LUZの海を眺めながら味わうマカロンは最高の味

私の今まで味わった地方のマカロンの中で1位・2位を争う美味しさでした

ふんわり優しい食感とふわっと香るアーモンドの香りとバニラのようなはちみつのような、どこか懐かしい味わいでした

P1070624.jpg

スポンサーサイト
2008/11/28 04:53 ペイ・バスクのお菓子な旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。