Version Française

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 | TOP

プチ・パパ・ノエル☆

今週の製菓学校は、もうすぐノエルという事で、ビュッシュ・ド・ノエルを作りました
ブロワのお友達にプレゼントしたら、かわいすぎる~!!!ってすごい喜んでくれました




日本のクリスマスと言えば、イチゴと生クリームのイメージだけど、フランスではビュッシュ・ド・ノエルです

今週の製菓学校では2種類のビュッシュを製作

1つ目は、アプリコットのムースにほんのりシナモンの香りをまとわせたものに、
フリュイ・ルージュ(ベリー系がミックスされてるもの)のジュレとビスキュイ。(ピンク)
2つ目は、プラリネノワゼットのムースに、キャラメリエゼしたノワゼットを散りばめてショコラのビスキュイ

8人用はこんな感じ~ 

      P1130266.jpg     P1130280.jpg

4人用には、ちょっと小さめに、可愛らしく・・・

P1130284.jpg

マジパンで作ったプチ・パパ・ノエルも飾ってみました
Papa Noel(パパ・ノエル)はフランス語でサンタさんの事なんです

P1130286.jpg

どぉ???かわいいく仕上がりましたか???

スポンサーサイト
2008/12/22 00:05 お菓子な日々(toujours les gâteaux...) | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP

私の働くPâtisserie♪

私のスタージュしてるお店を紹介します


私がスタージュしているお店は、BLOISという街にある「ERIC SAGUEZ」っていうPâtisserie。
BLOISは前住んでたTOURSからちょっとだけパリ寄りの小さな街です。
シェフはMOF(Meilleur Ouvrier de France 日本でいう人間国宝(?)フランスが「すごい!」って認めた人です

シェフの作るケーキは、味の構成がとっても複雑で、食べただけじゃ、どーなってるのか全然わからなかったの
いろんな味を組み合わせてるから、「コレにこの味を合わせるの!?」って思ったりするんだけど、食べてみると、「なるほど~」って感じ!!!
ほんとにお菓子の世界は深い!!!!私はなんて浅かったんだろ。。。って思いました。

だから、絶対このお店でスタージュしたかったんです

働いてるのは、3人のパティシエさん達と、シェフの4人。

4人だけで、このお店をまわしてるんだから、すごいなぁ~って思ってたら、スタージュが始まって、その理由がわかりました。

みんなの手際のよさ動きよすぎます
ほんと思わず惚れ惚れしてしまう・・・

・・・なんて言ってられないのです。私もこのスピードについて行かないと、1日洗い物と片付けで終わってしまう

片付けが早く終われば、それだけ自分のさせてもらえる事が増えるから、
毎日汗かきながら(笑)いつでも小走り基本で、せっせと働いてます

ノエルに向けて超忙しくって、私が出来る事も増えてきて毎日ヘトヘトだけど、めちゃめちゃ充実してます

スーシェフが私と同い年の26歳!主にショコラを作ってる子が24歳、ヴィエノワーズリーを作ってるのが21歳と、みんな若い子ばっかりの職場で、
みんなとってもいたずら好きだけど、すっごくいい子たち。だから毎日すっごい楽しいです
分からない事でも、聞いたらちゃんと教えてくれるし、うまく出来たら褒めてくれる!(←コレめちゃめちゃうれしい

お店のケーキは・・・ほんとにうっとりしちゃうくらいキレイなんです
P1100001.jpg P1100002.jpg

ノエルに向けて限定のケーキ達
どれも美味しいですよ~

P1130471.jpg P1130480.jpg P1130481.jpg P1130477.jpg P1130473.jpg P1130479.jpg

もちろんショコラも!!これ以外にもいっぱい種類があるんですよ~
サンタさんのケーキはジェラートのケーキになってて、ちょっとおもしろくないですか??

P1130469.jpg P1130470.jpg P1130474.jpg

平日は、毎日キッシュとプチガトーのデザートつきのランチを食べさせてもらってます
ホント毎日勉強もできて幸せ~


ただ、ちょっと2つほど重大な問題が・・・・。

1つめは、私の背が低いこと。
160センチあるのに、いろんなものが高いところにあって届かないんです
基本いろんな場所でジャンプしてます(笑)
この年になって初めて、身長伸びないかな??って真剣に考えました

2つめは、お酒が飲めないこと。
毎日って言っていいほど仕事の途中や仕事終わりに出てくるお酒。
ワインにビールにリキュールに・・・・。
お酒にめちゃめちゃ弱い私は、このお酒飲んだ後がキツイ・・・
顔真っ赤だし、ぼーっとするし、すばやく動けないし。。。
最近ちょっと慣れてきたけど、初め自分の部屋に帰るのに階段が上れなくって(笑)
部屋に戻ってベットに倒れこんだまま記憶がなかったり

そんなこんなで、大変だけど毎日充実してます!

さて、もうすぐノエルですね。
22日は夜中の3時スタート。
23日と24日は夜中の0時スタートで何時に終わるのやら・・・???
もちろん25日も26日もずっとお仕事ですよ(笑)

パティシエにクリスマスや年末は存在しないのだぁ~

よし!がんばるぞ
2008/12/21 08:38 お菓子な日々(toujours les gâteaux...) | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP

☆ Paris の NOEL☆

フランスにいながら、パリについて書くのは、コレが初めて(笑)
クリスマスのパリのお菓子めぐりに行ってきました


日曜日で、お店は閉まってないか心配だったけど、さすがクリスマス前
パティスリーはみんな大忙し

いつも以上にキラキラのケーキでいっぱいでした

まずは、モンマルトルの丘の近くのパティスリーから

MOF(Meilleur Ouvrier de France)でもあり、ルレ・デセールでもあるお店、「ARNAUD LARHER」へ。

お店の中はお客さんでいっぱい!!!

P1130455.jpg P1130459.jpg P1130460.jpg

P1130461.jpg P1130465.jpg P1130464.jpg


つづいて、アメリでお馴染みのCaféへ
P1130454.jpg P1130451.jpg P1130453.jpg

まだまだ全然回ってないよ~

次は「FAUCHON」へ

お店にはおっきなPOPが!!!なんか、お店が全体的にキラキラでしたよ

P1130448.jpg P1130443.jpg P1130440.jpg

このポスターのケーキ達がコチラ!!!

P1130437.jpg P1130438.jpg P1130353.jpg

他にもクリスマスのガトー達がいっぱい
P1130434.jpg P1130435.jpg P1130430.jpg

でも・・・。

エクレアとか一番高いのは1000円くらいするし、オーナメント型のケーキは2個セットで15ユーロ。。。
こっちも2000円近くする 高っ!!!

やっぱりフォションはすごいね(笑)

お惣菜類も充実でしたよ

P1130445.jpg P1130442.jpg P1130439.jpg

近くのHEDLADを覗いてから、続いて向かった先は「LA MAISON DU CHOCOLAT」

ここのプチビュッシュ・ド・ノエルを買って食べたんだけど、ほんとめっちゃくちゃ美味しかったぁ
ショコラも、やっぱりおいしいって思います!口どけが違う

P1130424.jpg P1130422.jpg P1130421.jpg

P1130419.jpg P1130418.jpg P1130416.jpg

あ!!!そうそう!

ホテル・リッツのパティスリーにも行きたくって、ホテルの中に入ったまではよかったんだけど。。。
ホテルマンに「ここは宿泊客しか入れないよ!」って追い出されちゃいました(笑)
ま、入り口の気分だけ味わってきましたよ・・・

P1130414.jpg P1130415.jpg P1130413.jpg

ジャンポール・エヴァンはお休みだったので、ディスプレイだけ・・・。

P1130412.jpg P1130411.jpg P1130408.jpg


さてさて。

いい時間になってきたから、続いて向かったのは、クリスマスマルシェの開かれているシャンゼリゼ通り

なにがキレイって・・・


シャンゼリゼ通りのイルミネーション

P1130331.jpg

      P1130407.jpg   P1130330.jpg


クリスマスのパリはほんとにきらきらしてました

2008/12/21 05:41 Paris | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP

気づいたら出来てたもの。

パティスリーで働いてて、ふと気づいたら出来てたものがあります。。。



それはコレ。

P1130005.jpg


何だと思います???

私の腕に数箇所の赤黒い痕

実は内出血

暴力の痕でも何の痕でもありません

お菓子によって出来上がったアザなのです。


びっくりでしょー???

私もびっくりです(笑)


みんなに「どーしたの?」って聞かれて、私何かぶつけたっけ???って真剣に考えても、全然思い当たらない。。。

こーなったの実は2回目なんだけど、2回目にしてやっとわかった

ヌガッティーヌを型抜きするときに、セルクルを飴に当てて、
左手でセルクルを押さえて、右手に鉄の棒を持って叩くんだけど、そのセルクルを押さえた痕らしい。



まーったく理解できません(笑)
だって、叩いたわけでも、ぶつけたわけでもないんですよ。
ただ一生懸命押さえてただけ・・・

どんだけ力入れて押さえてたのか

・・・というわけで、ヌガッティーヌを作った後は、毎回左手の内側にこのアザができるのでした

嫁入り前なのに、無数のキズが・・・すぐ治るけど
2008/12/12 04:05 お菓子な日々(toujours les gâteaux...) | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP

バスクの旅はハプニング続き・・・・

バスク地方の中心、バイヨンヌとベアリッツ、サン・ジャン・ド・リュズという街へお菓子の旅。
この旅はハプニング続き・・・・でもいい旅になりました


スペインとの国境に位置するバスク地方。
ペイ・バスクと言って、昔から他の国とは違った文化を持つバスク人暮らす街として栄えてきた所で、
バスク語と言われる、フランス語とは異なる言語が古くから残っています。



今回は時間の節約の為、金曜の夜発の初めての夜行列車
ベットもないし、腰痛いし、寒いし・・きつかったぁ・・・
熟睡もできないまま、最初の目的地、ベアリッツの駅に到着したのは朝の5時半すぎ

外は雨だし、かなり南に来てるはずなのに寒いんですけど・・・
ビアリッツの駅の構内でしばらく待ってからバスに乗って街の中心へ
高級ホテルやカジノが海岸に立ち並び、サーファーのメッカとも呼ばれるリゾート地のビアリッツ。
・・・にしては波高すぎちゃいます??

P1070419.jpg



朝食にガトーバスクを食べてから、雨も上がったし海岸沿いをふらふら
波は高くて荒れてるけど、海の色もなかなか
私のテンションが上がって写真小僧になったのは言うまでもありません
海に点在する岩は地層が浮き上がって見えてかっこいい・・・

     写真をクリックするとおっきくなります 

P1070263.jpg P1070420.jpg

岬の先端にはマリア様の像
P1070271.jpg




このバスク地方は、フランスにチョコレートが伝わった土地で、チョコレート屋さんがいっぱい
そしてベアリッツにはショコラ博物館たるものがあるのです!!

P1070278.jpg

ショコラがフランスに伝わった歴史についてはコッチフランスショコラの発祥

ショコラの博物館の中はこんな感じ

P1070291.jpg P1070298.jpg P1070301.jpg


ここではフランスにチョコレートが伝わってからの歴史や、 チョコレートの作られ方を知ることができて、興味津々

ショコラを堪能した後は、地方菓子を求めてパティスリーめぐり
どのパティスリーでも見かけるのが、バスク地方の地方菓子、ガトーバスクです

ガトーバスクに関しては、コッチGâteaux Basque

P1070374.jpg こちらは「ADAM」のガト・バスク

お店によって、チョコレート味だったり、チェリー入りだったり
一番シンプルなものは、中にカスタードクリームが入ってます
ケーキの表面にはバスク地方のマーク(国旗みたいなの?)が入っています。

          
そして、バスク人のトレードマークのベレー帽をイメージしたチョコレートのケーキ、ベレー・バスク

ガトーベレーに関しては、コッチGâteaux Béret
          
P1070343.jpg   こちらは「HENRIET」のガトー・ベレー

そして、マカロンのような。。。ムシューというお菓子もあったり!
地方菓子満載な地域なのです

P1070438.jpg    こちらは「Pariès」のムシュー 

お菓子だけじゃなくって、特産品で有名なのが、生ハムにフォアグラ、チーズです

    P1070333.jpg            P1070325.jpg

お昼に、立ち飲みバーみたいなのがあったから、そこでフォアグラを味わう事に
バケットにフォアグラがのって1枚2ユーロ

お店に入ると、陽気なおじちゃんが声をかけてきて、「まかせて、まかせて」って感じで、「何が食べたいの???」って。
でも、ワインの飲めない私は、「ワインはいらない!飲めない!」って言ってるのに、そのおじちゃんは、
「オレにまかせて!大丈夫だから!!」って感じで・・・

友達と二人、
「もしかして、コレはおじちゃんのおごりというやつですか???」




やったぁ~!!!!うちらめちゃめちゃツイてる~って思いながら、いただくフォアグラ。
特産品だけあって、本当にとろけるほど美味しい

            P1070339.jpg


     
            


おっちゃんは陽気にビズして去っていきました
いやぁ~。いいおっちゃんだった。




私たちもそろそろお店を出る時、おじさんのおごりかどうか一応確かめようと思って、

一応ね、一応。。。

「お会計おねがいします」って言ったら、







店員「10ユーロになります」






私「・・・・・・・・・。」





私「・・・・・・・・・はい。」




あのオヤジ!!!

おごりじゃないんやん
私ワインいらないって言ったのに・・・・・

フォアグラ美味しかったからいいけどさ。・・・・・いいんだけどさ。

なんか、ビズが許されへん

ほっぺただけどさ。なんかビズ損した気分



さて。

気を取り直して、続いて向かうはバスク地方の中心地・バイヨンヌ

街路にはバスクの国旗が吊るされて、その先に見えるカテドラルがまた素敵なのです。

        P1070469.jpg
     


ここでは老舗のショコラトリーで名物のショコラ・ムソー(あわ立てたホットチョコレート(ココア))をいただきました。
この泡は手で泡立てているそうです
はじめに泡をすくって食べ、その後お好みでクレームシャンティーを浮かべたり、 トーストを浸して食べたりします。
カップから泡がモコモコ~


 P1070485.jpg

お腹もいっぱいになったし、バスに乗って郊外のホテルに向かう事に
バス停を降りたところは結構な街外れ

手元のホテルの住所と、実際の住所を何度も何度も見る・・・・


何度も・・・・・。


何度も・・・・・・・・・。



ホテルの住所は「8」。ここの住所も「8」。


う~ん。



コレどう見ても・・・・





・・・・・ホームセンターだよね・・・・。


一先ず、ホームセンターの人にホテルの場所を聞いたら、
「すぐ裏だわ。雨も降ってきたし、車で連れて行ってあげるわよ」って
ホームセンターに買い物に来てたお客さんも「迷子なの??」って寄ってきてくれるし。
なんていい人達なの
でもホームセンターに日本人観光客ってすごい光景なんだろうな。。。

おばさまに車でホテルまで送ってもらって、一安心
前日の夜行列車の疲れもあって、ぐっすり眠れました


さて、次の日。

バイヨンヌの中心まで徒歩 





しばらく歩いていると、私の足元に異変が・・・・・



なんか。


私の靴、ちょっと変じゃない????

 P1070536.jpg


        

見事に靴底が剥がれてる・・・・・
一番歩きやすい靴は前日の雨で濡れちゃって、しかたなくこの靴履いてきたんだけど。。。
今日一日、これで乗り切るしかない!!!



本日の目的地は、スペインの国境近くのサン・ジャン・ド・リュズという街。

昔から港町として栄え、最近はリゾート地として賑わっています。

P1070553.jpg



この街、好き
広がる青い海、真っ白な家々とオレンジの屋根、赤い木枠に赤い窓枠
すっごくかわいい街

P1070560.jpg P1070549.jpg P1070565.jpg

  P1070585.jpg  そして、海。。。 P1070618.jpg



そして、この街にもあるんですね~地方菓子
ここには、マカロン・サン・ジャン・ド・リュズという地方のマカロンがあるんです
バニラの香りとアーモンドの風味がすごく美味しい

マカロン・サン・ジャン・ド・リュズについてはコッチマカロン・サン・ジャン・ド・リュズ
フランス語版原本はコッチ

 お決まりの(?)青い海を背景に写真をパチリ P1070624.jpg


夢中でお菓子の写真を撮る日本人2人。
子供には笑われ、通りすがりの人は振り返って2度見・・・
でも気にしないもん



家に帰ったら、履いてた靴は見るも無残な姿に・・・・

ハプニングは多かったけど、地方菓子にいっぱい出会えたいい旅になりました


Voyage: Le 2008.09.13~14 à Bayonne , Biarritz et St-Jean de Luz.
2008/12/06 08:24 Pay Basque | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP

chocolat 熱・・・???

先週に引き続き、今週の製菓学校もchocolatです


本当だったら、クリスマスに因んだショコラのピエスモンテを作る予定だったのに・・・

先生の都合で、貴重な貴重な実技の授業が半日分カットされる事に・・・

だから、ピエスモンテじゃなくって、ショコラで作ったBOXにショコラを詰めるっていう授業になりました

お店のパティシエさんにショコラのタブレー(テンパリングを取るための作業)を教えてもらったから、
今週もやる気満々で授業に臨んだんだけど・・・


おや・・・?

なんだか目が回る~


目の前のショコラの香りと、オーブンから焼きあがるケーキの香り・・・・が。


すごい気持ち悪い・・・

ユニクロのヒートテックインナーを着てるにも関わらず、めっちゃ寒い・・・

自分では動かしてるはずなのに、思うように体が動かないし、体中が痛い・・・・


やっばい・・・。風邪だ 


普段全くって言っていいほど風邪ひかないから、風邪の感覚を忘れてた。。。


・・・という感じで頭回りながらも薬飲んで、やりきった今週のショコラ~

P1120945.jpg

ムスカディーヌ(ミルクキャラメルのショコラに、プラリネ、コアントローを効かせたショコラ)とマンディアン(ショコラにナッツやドライフルーツを乗せたショコラ)。
それをショコラで作ったBOXに入れます

ショコラで作った花びらを組み合わせてお花を作ってBOXを飾りました

ムスカディーヌのショコラは味も口どけも好みの味でした
2008/12/04 23:08 お菓子な日々(toujours les gâteaux...) | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP

今はまってるもの・・・

私が今作るのにはまってるものは・・・


 キャラメル 

箱入りのグリコキャラメルや森永キャラメルなんかじゃないですよ 

もっと口に入れた瞬間に溶け出すような、超なめらかなキャラメル

材料はシンプルなのに、お砂糖の煮詰め方なんかで食感が変わってくるから、結構難しいの

キャラメル2種類
ちょっぴりビターな大人味も作ってみました~!

P1120133.jpg

常温に置いておくと、溶けちゃうくらい柔らかいんですよ

P1120130.jpg

あと、日本から荷物と一緒に愛用してた材料が少し届いたので、さっそくマカロン作りました
フランスのアーモンドプードルはやっぱりキメがあらい・・・
でも久々に日本のレシピで作れました
クリームだけじゃなくって、マカロンの部分にも、ちゃんと味がします!

フランボワーズとバニラのマーブルマカロン

P1120140.jpg

そして、、、またGâteauxです~
スタージュ先のシェフから、ガレット・デ・ロワの試作品いただきましたぁ~
もう12月だから、1ヶ月後はガレット・デ・ロワの季節なんですね

P1120117.jpg

ラム酒の効いたアーモンドクリームで美味しゅうございました

2008/12/01 08:58 お菓子な日々(toujours les gâteaux...) | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。