Version Française

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 | TOP

バスクの旅はハプニング続き・・・・

バスク地方の中心、バイヨンヌとベアリッツ、サン・ジャン・ド・リュズという街へお菓子の旅。
この旅はハプニング続き・・・・でもいい旅になりました


スペインとの国境に位置するバスク地方。
ペイ・バスクと言って、昔から他の国とは違った文化を持つバスク人暮らす街として栄えてきた所で、
バスク語と言われる、フランス語とは異なる言語が古くから残っています。



今回は時間の節約の為、金曜の夜発の初めての夜行列車
ベットもないし、腰痛いし、寒いし・・きつかったぁ・・・
熟睡もできないまま、最初の目的地、ベアリッツの駅に到着したのは朝の5時半すぎ

外は雨だし、かなり南に来てるはずなのに寒いんですけど・・・
ビアリッツの駅の構内でしばらく待ってからバスに乗って街の中心へ
高級ホテルやカジノが海岸に立ち並び、サーファーのメッカとも呼ばれるリゾート地のビアリッツ。
・・・にしては波高すぎちゃいます??

P1070419.jpg



朝食にガトーバスクを食べてから、雨も上がったし海岸沿いをふらふら
波は高くて荒れてるけど、海の色もなかなか
私のテンションが上がって写真小僧になったのは言うまでもありません
海に点在する岩は地層が浮き上がって見えてかっこいい・・・

     写真をクリックするとおっきくなります 

P1070263.jpg P1070420.jpg

岬の先端にはマリア様の像
P1070271.jpg




このバスク地方は、フランスにチョコレートが伝わった土地で、チョコレート屋さんがいっぱい
そしてベアリッツにはショコラ博物館たるものがあるのです!!

P1070278.jpg

ショコラがフランスに伝わった歴史についてはコッチフランスショコラの発祥

ショコラの博物館の中はこんな感じ

P1070291.jpg P1070298.jpg P1070301.jpg


ここではフランスにチョコレートが伝わってからの歴史や、 チョコレートの作られ方を知ることができて、興味津々

ショコラを堪能した後は、地方菓子を求めてパティスリーめぐり
どのパティスリーでも見かけるのが、バスク地方の地方菓子、ガトーバスクです

ガトーバスクに関しては、コッチGâteaux Basque

P1070374.jpg こちらは「ADAM」のガト・バスク

お店によって、チョコレート味だったり、チェリー入りだったり
一番シンプルなものは、中にカスタードクリームが入ってます
ケーキの表面にはバスク地方のマーク(国旗みたいなの?)が入っています。

          
そして、バスク人のトレードマークのベレー帽をイメージしたチョコレートのケーキ、ベレー・バスク

ガトーベレーに関しては、コッチGâteaux Béret
          
P1070343.jpg   こちらは「HENRIET」のガトー・ベレー

そして、マカロンのような。。。ムシューというお菓子もあったり!
地方菓子満載な地域なのです

P1070438.jpg    こちらは「Pariès」のムシュー 

お菓子だけじゃなくって、特産品で有名なのが、生ハムにフォアグラ、チーズです

    P1070333.jpg            P1070325.jpg

お昼に、立ち飲みバーみたいなのがあったから、そこでフォアグラを味わう事に
バケットにフォアグラがのって1枚2ユーロ

お店に入ると、陽気なおじちゃんが声をかけてきて、「まかせて、まかせて」って感じで、「何が食べたいの???」って。
でも、ワインの飲めない私は、「ワインはいらない!飲めない!」って言ってるのに、そのおじちゃんは、
「オレにまかせて!大丈夫だから!!」って感じで・・・

友達と二人、
「もしかして、コレはおじちゃんのおごりというやつですか???」




やったぁ~!!!!うちらめちゃめちゃツイてる~って思いながら、いただくフォアグラ。
特産品だけあって、本当にとろけるほど美味しい

            P1070339.jpg


     
            


おっちゃんは陽気にビズして去っていきました
いやぁ~。いいおっちゃんだった。




私たちもそろそろお店を出る時、おじさんのおごりかどうか一応確かめようと思って、

一応ね、一応。。。

「お会計おねがいします」って言ったら、







店員「10ユーロになります」






私「・・・・・・・・・。」





私「・・・・・・・・・はい。」




あのオヤジ!!!

おごりじゃないんやん
私ワインいらないって言ったのに・・・・・

フォアグラ美味しかったからいいけどさ。・・・・・いいんだけどさ。

なんか、ビズが許されへん

ほっぺただけどさ。なんかビズ損した気分



さて。

気を取り直して、続いて向かうはバスク地方の中心地・バイヨンヌ

街路にはバスクの国旗が吊るされて、その先に見えるカテドラルがまた素敵なのです。

        P1070469.jpg
     


ここでは老舗のショコラトリーで名物のショコラ・ムソー(あわ立てたホットチョコレート(ココア))をいただきました。
この泡は手で泡立てているそうです
はじめに泡をすくって食べ、その後お好みでクレームシャンティーを浮かべたり、 トーストを浸して食べたりします。
カップから泡がモコモコ~


 P1070485.jpg

お腹もいっぱいになったし、バスに乗って郊外のホテルに向かう事に
バス停を降りたところは結構な街外れ

手元のホテルの住所と、実際の住所を何度も何度も見る・・・・


何度も・・・・・。


何度も・・・・・・・・・。



ホテルの住所は「8」。ここの住所も「8」。


う~ん。



コレどう見ても・・・・





・・・・・ホームセンターだよね・・・・。


一先ず、ホームセンターの人にホテルの場所を聞いたら、
「すぐ裏だわ。雨も降ってきたし、車で連れて行ってあげるわよ」って
ホームセンターに買い物に来てたお客さんも「迷子なの??」って寄ってきてくれるし。
なんていい人達なの
でもホームセンターに日本人観光客ってすごい光景なんだろうな。。。

おばさまに車でホテルまで送ってもらって、一安心
前日の夜行列車の疲れもあって、ぐっすり眠れました


さて、次の日。

バイヨンヌの中心まで徒歩 





しばらく歩いていると、私の足元に異変が・・・・・



なんか。


私の靴、ちょっと変じゃない????

 P1070536.jpg


        

見事に靴底が剥がれてる・・・・・
一番歩きやすい靴は前日の雨で濡れちゃって、しかたなくこの靴履いてきたんだけど。。。
今日一日、これで乗り切るしかない!!!



本日の目的地は、スペインの国境近くのサン・ジャン・ド・リュズという街。

昔から港町として栄え、最近はリゾート地として賑わっています。

P1070553.jpg



この街、好き
広がる青い海、真っ白な家々とオレンジの屋根、赤い木枠に赤い窓枠
すっごくかわいい街

P1070560.jpg P1070549.jpg P1070565.jpg

  P1070585.jpg  そして、海。。。 P1070618.jpg



そして、この街にもあるんですね~地方菓子
ここには、マカロン・サン・ジャン・ド・リュズという地方のマカロンがあるんです
バニラの香りとアーモンドの風味がすごく美味しい

マカロン・サン・ジャン・ド・リュズについてはコッチマカロン・サン・ジャン・ド・リュズ
フランス語版原本はコッチ

 お決まりの(?)青い海を背景に写真をパチリ P1070624.jpg


夢中でお菓子の写真を撮る日本人2人。
子供には笑われ、通りすがりの人は振り返って2度見・・・
でも気にしないもん



家に帰ったら、履いてた靴は見るも無残な姿に・・・・

ハプニングは多かったけど、地方菓子にいっぱい出会えたいい旅になりました


Voyage: Le 2008.09.13~14 à Bayonne , Biarritz et St-Jean de Luz.
スポンサーサイト
2008/12/06 08:24 Pay Basque | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。